水素水 歯周病

水素水が歯周病の予防に効果あるの?

水素水,歯周病

 

活性酸素を除去すると言われている水素水。水素水の効果効能はいろいろな分野で注目されていますが水素水が歯周病の予防にも効果がある研究結果もありました(゚д゚)

歯周病って?

水素水,歯周病

歯周病は今や日本人の約8割が歯周病であると言われています。12歳以下の小学生でも約10%が歯周病という国民的な疾患です。

 

歯周病と一口に言ってもいろいろな病気が含まれているのですが歯垢(プラーク)が歯にたまっておきる炎症性疾患(歯肉炎と歯周炎)が主になります。

 

歯垢(プラーク)は歯磨きの磨き残しなどによって溜まっていきます。

歯周病がひどくなるとどうなるの?

歯周病には自覚症状はほとんどありません。症状がかなり進行してから「歯肉からの出血」「口臭」「冷たいものが染みる」などの症状が徐々に出てきます。

 

これらを放置して悪化させてしまうと歯肉炎、歯槽膿漏になり歯茎がなくなり歯を支えることが出来なくなってしまうため最終的には歯が抜け落ちてしまう恐ろしいことに・・・

そんな日本人に多い歯周病ですが水素水が歯周病の予防にも効果があるという研究結果がありました。

歯周病の予防に水素水

水素水,歯周病

 

岡山大学がヨーロッパの歯周病専門雑誌Journal of Clinical Periodontologyに掲載された研究結果ですが水素水を与えたラットの方が歯周病の進行が抑制されていることが確認されたそうです。

 

水素水を摂取することによって抗酸化力が高まった結果だと言えると思います。歯医者さんで水素水を使う日も近くなりそうですね。

 

参考:世界で初めて証明水素水の摂取で歯周病予防

現在の歯周病の予防と治療

水素水,歯周病

 

現在の歯周病の予防に効果があるのはやはり毎日の歯磨き。かかりつけの歯医者でも歯科衛生士さんによる歯磨き指導を行っているので定期健診の時にいつもお世話になっています。

 

歯ブラシはあまり大きくない小回りがきく小さ目のものがベストなんだそうです。めんどくさがって大き目のブラシを使ってしまいがちですがそれだと口の中の奥が磨けなかったり歯と歯の間の磨き残しが多くあるそうです。

 

コツは均等に磨くのではなくて磨きにくい場所(奥歯や歯並びが悪い場所、歯の隙間)などは意識して何度も往復させて角度を変えて磨くことと教えてもらいました。

定期的に歯医者でプラーク除去

水素水,歯周病

 

虫歯がないとついつい行きそびれてしまう歯医者ですが定期検査もかねてプラーク除去をしてもらうと歯も白くツルツルになりスッキリします。

 

あまり歯垢(プラーク)がたまりすぎてしまうと麻酔が必要な場合も。細いブラシでゴシゴシと歯垢をとってもらっていると「こんなに歯垢がたまっていたのか」という気持ちになります^^;

 

プラーク除去したての歯は冷たい水が染みたりします。

 

歯周病は口臭の原因にもなるので日々の予防に注意したいですね。私も歯医者に通うまではデンタルフロスなど使ったことがなかったのですがキチンと使うようになりました。